こんばんわ。物語解析のhikaliです。

 たいへんな事件が起こり、海の向こうのことばかりが気になる日が
続いてい ます。特に事件の直後は、列車内を見回してみても、会話
や笑顔が少なく、ま るっきり空気が変わってしまったような気がして
しまいました。まるで映画の ようなと言えそうな事件ですが、あまり
にも衝撃的過ぎて、しばらく国家の危 機タイプの映画は陳腐に見え
てしまうだろうな、などと考えました。みなさん は、どうお考えですか?

 さて実は私、あの事件が起こった日に「千と千尋の神隠し」を観ま
した  私が物語解析を書いている事を知っている同僚に「分かりに
くかった。なぜ あれが売れたのか、分析をしてくれ」と頼まれ、観に
行ったのですが、とても 正統派の、プロフェッショナルな、優れた物
語だったため、急遽、解析を始め ました。

 何故か、ネット上や他の媒体でも、監督のインタビューや観念的な
お話が多 く、これじゃあ「なぜ面白いのか」は分からないだろうなと
思います。そこで、 今回は趣向を変えて、作り手側からの、いわば
舞台裏側からの視点で、「どう いう考えに基づいて、あの物語は作
られているか」についてお話したいと思う のです。とてもシンプルで
素直で、間違えのない方法であの物語は作られてい ます。蛇の道
は蛇ですね。視点をぐるりと180度変えてみると、その物語の 素直
さが分かるかと思います。

 と、本当はこの先、千と千尋の神隠しの解析をはじめてしまいたい
のですが、 これをお読みになっている方のほとんどはこの映画を見
ていないかと思います。 また、解析に必要な要約を載せることも、
当然許されることではありません。 そこで、その千と千尋の神隠し
の解説を、「千と千尋の神隠しをご覧になった 方」「ご覧になる予
定の方」にのみお送りしたいと思うのです。大変申し訳な いので
すが、この号外の発行を、有楽町での千と千尋の神隠しの上映
終了の前 日までとさせていただきます。私の大好きな映画の素晴
らしさを、大スクリー ンの前に数時間拘束される幸せを、なるべく多
くの方々に味わって欲しいとい う私的な希望のせいではであります
が、何卒ご容赦頂ければ幸いです。この映 画は、映画館でなけれ
ば、千八百円を支払わなければその幸せを得られない映 画だと、
私は感じるのです(^^;

 もし、お読みになりたいという方は、私宛(n_hikali@hotmail.com)に
ご連 絡いただけませんでしょうか。すぐにお送り差し上げたいと思い
ます。このメ ールの返信でも届くはずです。少々長いものになってい
ますので、ご覚悟下さ い(^^; この物語解析号外のサイズはおおよ
そ40kほどです。何故か、い つもの物語解析より長くなってしまった
のですが、書いている間は夢中になっ てしまいました(^^;

 という訳で、物語解析号外のお話でした(^_^)  ご希望されるかた
は、ご返信下さいネ! 


■物語解析 目次ページへ
■このサイトのトップページへ
■このサイトのブログへ



 

物語解析
バックナンバー
物語解析 サマリーを作っておく
 要素による解析基礎 「決まり事(世界観)」ガイダンス
要素による解析基礎 「道具」 変化
要素による解析基礎 「道具」 効果
「千と千尋の神隠し」解析
号外のお知らせ
要素による解析基礎 「道具」 所有・存在
要素による解析基礎 「道具」 ガイダンス
要素による解析基礎 「舞台」 状況の変化編(実例)
要素による解析基礎 「舞台」 状況の変化編
要素による解析基礎 「舞台」 概念編(中)
要素による解析基礎 「舞台」 概念編(上)
夏休み特別号
要素による解析基礎 「人物」 実践編
要素による解析基礎 「人物」 概念編
要素による解析のガイダンス
起承転結法 様々な起承転結
起承転結法 起・承・転・結(後編)
起承転結法 起・承・転・結(前編)
起承転結法 基礎


新・物語解析
バックナンバー

主役を6人にする
世界情勢を俯瞰してみる
「ハウル──ペンステモン」ラインを再構築する前に
プランA
結局どうだったの? 映画版ハウル
原作ハウルを21章じたてのプロットにまとめてみる
ソフィーは、世界背景をあまり見ていない
一応原作を確認しておく
実は表現力に左右される!
殺しては行けない部分を探す
ハウルのプロットは映画には不向き
宮崎駿監督「魔法使いハウルと動く城」を原作からつくっちゃおう!